タイにおける新型コロナウィルス輸入症例発生(空港情報等)

2020/1/17


・1月13日,世界保健機構(WHO)は,中国湖北省武漢市で確認された新型コロナウィルスの輸入症例がタイにおいて報告されたことを発表しました。

・武漢市から入国される方や国際空港を利用される方は,念のため,マスクの着用や外出後のうがい・手洗いの励行に努めてください。

 1月13日,世界保健機関(WHO)は,中国武漢市で確認された新型コロナウィルスの輸入症例がタイにおいて報告されたことを発表しました。タイ保健省の発表によると,感染者は,今月8日に武漢市からタイを訪れた中国人女性で,スワンナプーム空港到着時に発熱が見られたため,ノンタブリー県の感染症病院に搬送され,軽度の肺炎と診断され,検査の結果,新型コロナウィルスによるものと判断されました。


これまでの当地報道等によれば,

・上記患者は,現在発熱や呼吸器症候群はなく,近く完治のうえ退院することとなる見込みであり,同患者の近くにいた同便の搭乗客につき検査するも,新たな感染者は発見されていない。

・1月3日から,武漢空港からスワンナプーム,ドンムアン,プーケット及びチェンマイ空港に到着する便の搭乗客については,保健省職員が健康状態をチェックしている。

・ヒトからヒトへの感染は現時点で確認されていないが,WHOによれば,広範囲の流行が発生するおそれがある。


とのことです。


 ついては,新型コロナウィルスに関する最新情報の収集に努めると共に,特に武漢市から入国される方や国際空港を利用される方は,ご留意願います。インフルエンザが流行する季節でもあり,空港や人込みの多い施設を利用される際はマスクの着用をお奨めします。また,外出後は必ずうがい・手洗いを励行するなど予防に努めてください。


外務省海外安全ホームページにも上記情報を掲載しておりますので,以下のリンク先をご確認ください。

(PC) == https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2020C012.html

(携帯) == http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mblatestspecificspotinfo_2020C012.html


 なお,中国の武漢天河国際空港からスワンナプーム空港,ドンムアン空港及びチェンマイ空港に到着する便は以下の通りです。今後変更される可能性もありますが,参考にして下さい。

(1) 武漢発スワンナプーム空港着

月火木土  CZ8343  8時05分発 11時25分着

日水金   CZ8343  8時35分発 11時25分着

毎日    CZ3057  14時35分発 17時30分着

毎日    CZ3029  22時40分発   1時10分着

土のみ   CZ2365    0時35分発   3時25分着

(2) 武漢発ドンムアン空港着

毎日   FD571  12時40分発  15時35分着

毎日   FD573  21時20分発  0時05分着

(3) 武漢発チェンマイ空港着

火金土   CA707   09時05分発  11時40分着