草の根・人間の安全保障無償資金協力 チェンライ県ウィアンチェンルン郡の在宅医療体制向上を支援

令和元年8月2日、草の根・人間の安全保障無償資金協力による「チェンライ県ウィアンチェンルン郡住民のための在宅医療体制向上計画」の引渡式典が執り行われ、在チェンマイ日本国総領事館の松本洋総領事とウィアンチェンルン病院長のノンヌット・マーリン氏らが出席しました。

kusanone wiangchiangrung


郡唯一の公立病院であるウィアンチェンルン病院では、長年に亘り、年々増加する在宅での治療介護が必要な高齢者や障害者などの患者に対して在宅での医療サービスを提供するため、健康推進病院やボランティアと連携して往診・在宅ケアチームを編成し、定期的な訪問診療を行っていますが、専用車両や機材の不足により十分な医療行為が行えない状況にありました。

kusanone wiangchiangrung      kusanone wiangchiangrung      kusanone wiangchiangrung


これに対し日本政府は、ウィアンチェンルン病院の訪問用四駆型救急車と在宅医療用機器整備にかかる総額2,211,000バーツ(約721万円)の支援を行い、このたび訪問医療用四駆型救急車1台と医療機器5種(計58台)の整備が完了しました。今回の支援で、ウィアンチェンルン郡における在宅患者に対する医療体制の向上が期待されます。

日本政府は、今後とも草の根・人間の安全保障無償資金協力を通して、人間の安全保障のための取り組みを支援していきます。


[お問い合わせ先]
在チェンマイ日本国総領事館 
草の根・人間の安全保障無償資金協力
Tel:052-012-500(代表), Fax:052-012-505, E-mail:kusanone@tm.mofa.go.jp