チェンマイ県における新型コロナウイルス感染者の確認について(2020/11/28)

2020/11/28

  本日(11月28日)14時頃から、ソンポーン・エムシリターウォーン・タイ保健省感染症課長が会見したところ、概要以下の通り。


○感染者は、タイ人29歳女性。
○昨日(11月27日) 陽性を確認。
○本日(11月28日) チェンマイ県感染症委員会が発表したところによると、接触者326人、リスクのある接触者105人。
  同じコミュニティにいたもの65人、感染者と同一コンドミニアムに滞在2人、友人2人、歓楽街55人、ショッピングセンター6人等。現在検査と隔離を実施中。
○移動の際に接触した者は、40人。チェンライ県内35人、国境を共に越えた者1人、チェンライからチェンマイの乗合バスで一緒だった者5人、グラブタクシー5名など、それ以上の詳細は省略。
○ソーシャルディスタンス、マスク着用を呼びかけ、症状に不安がある場合には地域の医療機関での受診可能であることを紹介。
 
○以下、経緯。
10月24日から11月23日 チェンマイに滞在しながら、ミャンマーにも仕事で滞在。
11月23日 発熱、頭痛、下痢の症状が現れる。
11月24日5時頃 チェンライ県メーサーイ国境から入国し、乗合バスでチェンライ県ムアン郡へ移動。
 その後、バスによりチェンマイ県に到着。その後、グラブタクシーでコンドミニアムに移動。
 その夜、他2名とともにサンティタム地区の歓楽街に行く。タバコをともに吸う。
11月25日2時頃、友人のコンドミニアムで飲酒。
  正午頃、友人のコンドミニアムから、感染者本人のコンドミニアムにグラブタクシーで移動。
  15時頃、コンドミニアム近くの百貨店(セントラルフェスティバルのことを指すと考えられる)で、食事、映画、買い物をする。監視カメラ映像により、マスク着用が確認されているが、していない場合もあった。
11月26日15時頃、私立病院を診療。味覚障害、下痢、熱は36.9度であった。その夜ナコンピン病院で、コロナ検査陽性を確認。
11月27日再度の検査でも陽性。