コロナ関連の窃盗事件に伴う注意喚起(治安情勢)

2020/5/12
 チェンマイ県のチャーンプアック警察署(日本人補習授業校のある地区)が、コロナ関連の窃盗事件が発生している事から市民に注意喚起をしています。

【チェンマイニュース・オンラインニュース、5月11日】
https://www.chiangmainews.co.th/page/archives/1344905/

(仮訳)
・マスクや手袋をつけた保健省スタッフに偽装した窃盗犯が、チェンマイ市内の住居やホテルに現れ、コロナ感染の健康調査等であると告げ(建物内や家族構成等の下調べをしつつ)、窃盗をはたらく事件が複数発生しています。
 
・独り暮らしの高齢者は特に注意が必要ですが、このような保健省スタッフ等と名乗る人物が、住居のチャイムを鳴らしたり、入口ドアをノックして来た際は、安易に入り口を開けることはせず、また、IDカードを提示させる等、訪問者の人定を確認する事が、窃盗被害を防ぐ対策となりますので、注意を喚起します。