チェンライ県における新たな新型コロナウイルス感染者の確認(2020/12/1)

2020/12/1
本日(12月1日 )、保健省チェンライ県事務所は、ミャンマーのシャン州タチレクで働き、メーサーイに不法帰国していた25歳の女性(パヤオ県出身)が新型コロナウィルスに感染していることを確認したと発表しました。  この女性は、11月24日にチェンライ県メーサーイに到着し、同28日にチェンライ市に移動、同30日に検査を受けていたとのことです。  本年11月末からのチェンライ県内で確認された感染者は、これで3名となりました。  引き続き関連情報に注意して、マスクの着用、手洗いやアルコール消毒、人混みを避け、ソーシャルディスタンスを確保するなど感染予防策に努めてください。